ブログ

ウレタン防水の劣化症状3つ!

こんにちは😊福岡市南区桧原にて屋根塗装工事・外壁塗装工事・防水工事・住宅リフォーム工事などをおこなっております株式会社HOUSE-REFORM(ハウスリフォーム)です✨

今日は【 ウレタン防水の劣化症状 】について書こうと思います♫
まずウレタン防水とは、ウレタン樹脂を塗り重ねて防水性を高める工事のことをいいます‼FRP防水と比べると柔らかく、弾力性があるという特徴があります。

✔ ひび割れ
築5年~7年程で表面にひび割れが生じます。ウレタン防水層を太陽光や雨水から守るために塗られている”トップコート”がひび割れを起こしています。

✔ 塗膜膨れ
防水層に膨れ・浮きといった症状があれば、下地が水分を含んでしまっている状態です。雨漏りを起こしている可能性があります。

✔ 防水層の亀裂
トップコートのみならず防水層に亀裂が生じている場合は、ウレタン防水の再施工が必要です。雨漏りを起こしていなくても、下地が腐食してしまう可能性があるため、早期の補修をオススメします。

定期的なトップコートの塗布で防水層は守られ長持ちに繋がります🎵
また日頃から点検や排水口の掃除も併せておこなうことも必要です😊⭐
______________________________________________◇◇

弊社は建物診断・資料作成・見積・相談はすべて無料でおこなっております。屋根塗装工事・外壁塗装工事・屋上、陸屋根、ベランダ、バルコニーなどの防水工事・住宅リフォーム工事のことは株式会社HOUSEーREFORMまでお気軽にご相談くださいませ★

『屋根・外壁塗装が必要な時期に来ているか分からない…』『一度見てもらいたい』という方、ぜひ無料診断(建物診断)をご活用ください♪
『話だけでも聞きたい』という方も無料でご相談にお乗りいたします★しつこい営業はいたしませんのでご安心ください🍀
まずはHOUSE-REFORMまでご連絡ください📞
電話は苦手という方、お忙しいという方はLINE公式アカウントへもお問い合わせいただけます(^^♪

お気軽にお問い合わせください★

施工対応地域▷▶
福岡市南区・福岡市城南区・福岡市早良区・福岡市西区・福岡市中央区・福岡市博多区・福岡市東区・糟屋郡・大野城市・太宰府市・筑紫野市・春日市・那珂川市・糸島市など

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
屋根・外壁塗装なら
株式会社 HOUSEーREFORM(ハウスリフォーム)
住所    :〒811-1355 福岡市南区桧原4丁目19番4号
TEL   :092-710-3317
メール   :info@housereform.jp
LINE  :https://page.line.me/046yeqrh
HP      :https://housereform.jp/
Facebook :https://www.facebook.com/fukuoka.house.reform/
Instagram:https://www.instagram.com/house.reform88/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/