ブログ

難付着サイディングボードの見分け方

おはようございます。福岡市南区桧原にて屋根塗装工事・外壁塗装工事・防水工事・住宅リフォーム工事などをおこなっております㈱ハウスリフォームです。

昨日は”難付着サイディングボード”についてご紹介させていただきました。
しかし、仕様書がなく品名や品番も分からないという方もいらっしゃると思います。
そこで”難付着サイディングボードの見分け方”についてご紹介させていただきたいと思います。

1.建築時の年代に着目
2001年以降に普及され始めました。その為、2000年までに建てられた建物は従来のサイディングボードです。

2.チョーキングが起きていない
難付着サイディングボードは耐久性が高く色褪せしにくいため、築10年程度ではチョーキングが起こりません。
築10年経過後も艶が残っていれば難付着サイディングボードの可能性が高いです。

3.ラッカーシンナーで溶けない
塗膜が強力であるためラッカーシンナーでも溶けません。そのため、難付着サイディングボードである可能性が高いです。

弊社は建物診断・資料作成・見積は無料でおこなっております。
屋根外壁塗装工事・防水工事・住宅リフォーム工事などのことは㈱ハウスリフォームにご相談くださいませ。

********************************
㈱HOUSE-REFORM(ハウスリフォーム)
福岡市南区桧原4丁目19-4
TEL :092-710-3317
メール :info@housereform.jp
HP  :https://housereform.jp/
Facebook :https://www.facebook.com/fukuoka.house.reform/
Instagram:https://www.instagram.com/house.reform8
********************************